アルツハイマーは治療できる時代|進化する技術

男女

介護資料請求を円滑にする

オフィス

介護事業所の規模によっても大小様々あります。国保連へ介護事業請求を一括化してくれる伝送ソフトを利用すれば、小さな事業所でもデータの整理や被保険者の方用への伝票等事務処理を円滑化し、タイムロスを軽減することができます。

Read More

様々な情報を一元管理

介護

事業所内において介護ソフトを導入して活用する事で、様々な施設内情報を一元的に管理する事が可能となります。多くの情報を集約して管理する事によって、施設内の状況を一台のコンピューターからリアルタイムでチェックでき、管理しやすくなります。

Read More

事業者にあったものを

車いす

介護システムを利用することで個人個人にかかる負担が軽減されるため、介護サービスの質の向上につなげることができるでしょう。また、介護システムは機能ばかりに目が行きがちなため、事業者に合った介護システムを選ぶことが大切だと思います。

Read More

早めに病院に行こう

食事

どんな診断があるのか

アルツハイマー病にかかると、記憶や思考能力が徐々に障害されていきます。最初の内はそれこそ、日常のふとした記憶が無くなってしまう程度ですので、本人が元気であれば、周りも歳を取ったからという事で、あまり気にする事は無いでしょう。ですが、徐々にアルツハイマー病が進行していきますと、日常生活が困難になる可能性もあります。もしかしたら家族がアルツハイマー病に掛かったかもしれないと感じましたら、直ぐにでも病院に行って治療を行うようにしましょう。一般的には治療を行う前に、本当にアルツハイマー病なのかどうか、進行具合はどれくらいなのかという診断を行います。診断内容は健康状態のチェックや記憶能力、注意力などのチェック、医学的な検査など様々です。総合的に判断をしてから治療を開始しますので、安心してくださいね。

大きな病院も考える

アルツハイマー病かどうかの診断は、専門の病院でなくとも、ふだんかかっている病院でも扱っていれば行ってくれます。ですが、かかりつけ医では、アルツハイマー病であった場合には、本格的な治療を行う事が出来ません。そんな時は、専門の病院を紹介してくれますので、場合によっては大きな病院での治療になる可能性がある事を考えておきましょう。アルツハイマー病は、早期発見をして治療を早くから開始する事で、周りにいる家族のフォロー体制を整える事が出来るというメリットがあります。長期的な治療が見込まれる事からも、事前にお金をどうやって用意するか、将来どうするべきなのかという話し合いをしておきましょう。そうすれば、後々になってバタバタするという事態を避ける事が出来ますよ。