アルツハイマーは治療できる時代|進化する技術

婦人

介護資料請求を円滑にする

オフィス

介護事業所のためのソフト

国保連とは国民保健団体連合会の事をいい、国民健康保険第83条に基づいて、市町村もしくは国保組合に加入している被保険者である会員とともにある目的を達成するために事業を行う公益法人の事をいいます。国保連は各都道府県に1団体、全国で47都道府県現在国保連が設立しており、区域内で被保険者の3分の2を達成した団体すべてに会員権があります。主な業務には、老人保健などの公費負担や医療福利においての審査支払業務や、市町村と被年金保険者間との年金特別徴取経由機関業務、介護保険法に基づいた介護保険事業等を行っています。伝送ソフトは、介護事業所から国保連へ円滑にデータを送信することができます。また介護保険請求する際、人づてに行うこともありません。

介護保険請求を円滑に

伝送ソフトによって、タイムロスを減らすことができます。小さな事業所でも伝送ソフトを使えば、手間をかけることもなく国保連に介護保険請求ができるというわけです。大規模な事業所でも伝送ソフトを利用することによって、請求する際にデータ等の整理や被保険者の方用の負担請求書類等の手間を省いてくれるので、事務処理などでタイムロスすることなく円滑にできます。ソフトは様々ありますが、伝送ソフトによっても福祉業務システムが違うので、事業の規模に合わせたものを選ぶことが大切となります。合わないものを選んでしまうことで、利用する際に機能等がかえって邪魔をしてしまい、タイムロスに繋がってしまうのです。そのため、どのような体制サポートが必要なのか等、注意しながら選ぶようにしましょう。